すぐに他のカードローンに申し込みはNG

楽天銀行のカードローンのメリットはたくさんありますが、中でも融資限度額が100万円以下の場合は収入証明書が不必要というのが、大きいと言えるでしょう。
さらに審査は早ければ申し込んだ同日に行う事が出来るので、出来るだけ早く融資を開始したい方にとっては魅力が多いカードローンとも言えます。他のカードローン会社では条件の厳しいアルバイトや自営業者の方でもあっても、安定した収入があるとわかれば審査も通りやすいので、幅広い間口を持ったカードローンであると思追います。

 

しかし楽天銀行のカードローンでは、年収が300万円以下の方は審査に通りにくいとされているので申し込み際には注意が必要です。
楽天銀行のカードローンの審査が通らなかった場合、どうして落ちたのかをきちんと検証する事が大切です。
書類の不備といったケアレスミスも考えられますが、上記のように年収が300万円以下の場合は審査が通りにくい事を事前に知っておく事は不用意な審査の落選を防ぐためにも有効と言えるでしょう。

 

そして、楽天銀行のカードローンの審査に落ちて、絶対にやってはいけない事が一つあります。
それは、すぐに他のカードローン会社に申し込む事です。カードローン会社は信用機関を通じて、顧客情報を共有しています。
なので、どこのカードローンを申し込んだとしても、一定機関はその情報が履歴として残ってしまうのです。
勿論、審査に落ちてしまった事も残るので、他のカードローン会社を申し込んだとしても、それがまた判断材料として使用されてしまい、結局審査を通る事が出来なくなってしまいます。

 

審査が通らなかった理由を考えてみる

 

楽天銀行のカードローンの審査が通らなかったとしても、その理由は楽天銀行からは一切教えてもらう事が出来ません。
次の申し込みでは失敗しないために、出来れば理由を知りたいところですが、そのような時に便利なのが「くらべる君」などの、審査結果をあらかじめシュミレーション出来るインターネット上のサイトです。

 

必要事項を入力するだけで、主要カードローンの審査結果をシュミレーションしてくれるので、落選の理由なども知ることが出来ます。
これは勿論、実際の審査に落ちた後に利用するのもよいですが、出来れば審査の前に利用して、審査落ちを防ぐのが理想的な使い方でしょう。

楽天銀行スーパーローン


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.9%〜14.5% 500万円 最短即日 なし



>>楽天銀行とその他のキャッシング比較表