楽天銀行カードローン審査攻略

楽天銀行カードローンの審査では必ず在籍確認が行われます。

楽天銀行はネット専業銀行だけにインターネットの利用に対するサービスが行き届いており、カードローンの申込に関しては24時間いつでも受付をしています。また、楽天銀行に口座が無くても申し込めますし、都市銀行にありがちな口座の開設を条件にすることもありません。なお、楽天カードかセディナの保証を受けることが条件になっています。

 

楽天銀行カードローンの貸出金利は4.9%から14.5%とメガバンク並みになっており、少額の借入でも14.5%の金利になるため、消費者金融の18%と比べるとかなりお得と言えます。

 

楽天銀行カードローンの借入は、パソコンやケータイを利用してネットから申込むと自分の銀行口座に借入金を振り込んでもらうことができますし、セブンイレブンやローソン、Eネット(ファミリーマート、サンクス、ミニストップなど)のATMから手数料が無料で借り入れることができます。また、返済に関しても、口座引き落としの他、インターネットバンキングやコンビニATMからいつでも任意返済が可能になっています。

 

なお、楽天銀行にカードローンの契約を申込むと審査を受けることになりますが、審査の過程で必ず勤め先への在籍確認が行われます。カードローンというのは利用者を信用してお金を貸し出すことになるため、利用者が借入金を返済する能力のあることが必須になります。返済能力の基になるのは収入を得る仕事を持っていることであるため、業者にとっては勤務先への在籍確認は欠かすことができません。

 

例えば、モビットの「WEB完結」のように在籍確認をしないカードローンもありますが、その代わり就業を証明するために「健康保険証」や「給与明細書」の写しなど、提出を義務付けられている書類が多くなっています。

 

在籍確認は個人名で行われます。

金融業者から勤め先に在籍確認の電話が入るのは借金をしていることが知られるため、体面上避けたいのが心情でもあります。しかし、そのような心配をする必要はありません。在籍確認では自社の名前を出すことが絶対に無く、担当者が個人名で掛けて聞きます。そして、利用者が社内にいなかった場合でも、電話に出た人から「出かけています」という返事があれば在籍確認が取れたことになっています。

楽天銀行スーパーローン


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.9%〜14.5% 500万円 最短即日 なし



>>楽天銀行とその他のキャッシング比較表